放課後等デイサービスのあれこれ

放課後等デイサービスについて

放課後等デイサービスについて、皆さんはどれくらい知っていますか?
「言葉だけは聞いたことがある」「障がい支援をしてくれる」
そのくらいの知識しかない人は必見!
この記事では、放課後等デイサービスについて詳しくご紹介していきます!
 
 
放課後等デイサービスとは、児童福祉法に基づいて運営している施設、サービスです。
一般的に6歳~18歳の障がいのある子どもたちを対象にしています。
学校が終わった放課後や夏休みなどの長期休みに利用出来て、障がいのある子どもたちの学童とも表現されています。
 

サービス内容

厚生労働省が出している「放課後等デイサービスガイドライン」に沿って、個別支援計画に基づきながら支援をしてくれます。
「放課後等デイサービスガイドライン」には、以下のことが書かれています。

  1. 自立支援と日常生活の充実のための活動
  2. 創作活動
  3. 地域交流の機会の提供
  4. 余暇の提供

このガイドラインのもと、それぞれの放課後等デイサービスが独自の療育などのプログラムを作成し、支援をしてくれます。
 

放課後等デイサービスで働いているスタッフ

放課後等デイサービスで働いているスタッフは、基本的に障がい支援経験のある人たちが多いです。
管理者と呼ばれる人や、児童発達支援管理責任者という役職の人たちが必ずいて、障がい支援のサポートをしてくれます。
その他にも、指導員と呼ばれるスタッフが数人います。
この指導員という人たちは資格を持っていません。

資格がないからといって実力がない、というわけではないですが、指導員によっては経験不足が原因で上手なサポートが出来ない場合もあります。
どの放課後等デイサービスを利用するか決める時は、指導員の方たちをしっかりチェックしましょう。
 

放課後等デイサービスの料金

放課後等デイサービスの料金なのですが、なんと自治体が9割負担してくれます。
つまり、利用者の負担は1割、ということになります。
これは市区町村発行の「受給者証」を持っていることで、1割の負担で済むようになっています。
放課後等デイサービスの利用料金は、1日あたり大体1000円前後と考えて良いでしょう。

また、世帯年収額によって月額負担額の上限というのも決まってきます。
一般的な家庭の場合、月額負担額の上限は4600円です。
つまり、放課後等デイサービスを月に何回使っても4600円以上はかからないということです。
(基本料金が4600円までというわけで、その他おやつ代などはかかりますのでご注意を)